弁政連とは会長あいさつ役員紹介(組織)会費のご案内規約お問い合わせ

会費のご案内

平成29年6月吉日

日本弁理士会会員の皆様

日本弁理士会   
会長 渡邉 敬介

日本弁理士政治連盟への会費納入のお願い
~弁理士制度、知財制度の改革には政治の力が欠かせません!~

会員の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、日本弁理士会の運営に格別のご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、日本弁理士政治連盟は、日本弁理士会の方針に沿って日本弁理士会の事業を達成するために必要な政治活動を行い、もって弁理士制度及び知的財産制度の発展に寄与することを目的として、昭和49年に設立されました。

弁理士の「使命条項」が創設された平成26年の弁理士法の一部改正を含め、これまでの弁理士制度及び知的財産制度の改革にあたり、日本弁理士政治連盟は日本弁理士会と共に、日本弁理士会の意見や要望が法案や国会審議、附帯決議に反映されるよう取り組んできました。

現在、与野党に、弁理士制度及び知的財産制度に深く関与している国会議員を中心として議員連盟や懇話会が設けられております。知的財産に関する制度改革は、これらの国会議員、官庁、ユーザの三者を巻き込んで活動をしなければ成し遂げられません。これからも、弁理士制度と知的財産制度の更なる発展のためには、これらの国会議員と強固な信頼関係を維持していく必要があります。そのためには、日本弁理士政治連盟の活動が必要不可欠です。

日本弁理士政治連盟の活動の財政基盤は、会員お一人お一人の浄財である会費に依存しています。また、その活動成果は、等しく全ての弁理士にもたらされております。会員の皆様におかれましては、日本弁理士政治連盟の活動にご理解いただき、会費の納入についてもご協力くださるようお願い申し上げます。

以 上

平成29年6月吉日

会 員 各 位

日本弁理士政治連盟     
会   長 水 野 勝 文
筆頭副会長 福 田 伸 一
副 会 長 松 尾 憲一郎

日本弁理士政治連盟会費納入について(お願い)

謹啓 先生におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 日ごろは、日本弁理士政治連盟の活動に格別のご理解とご支援を賜わり、誠にありがとうございます。さて、日本弁理士政治連盟の会計年度は4月1日から3月31日となっておりますので、年会費2万円納入をよろしくお願い申し上げます。なお、平成26年から「サポーター制度」を新設いたしました。同制度の詳細は、ホームページ(http://www.benseiren.gr.jp/images/supporters_pamf.pdf)をご参照ください。

日本弁理士政治連盟は、日ごろから各政党及び国会議員との親交を深め、日本弁理士会及び会員諸兄からの意見・要望が政府の政策に、また法律改正や制度改正に反映されるよう運動を展開しております。これからも有効な政策の実現、魅力ある弁理士制度の構築に向け日本弁理士会と連携し取り組んでまいります。

我々の活動は先生方の会費により支えられており、先生方から頂戴する会費は活動資金として有効に使わせていただきます。引き続き、一層のご支援を賜わりますようお願い申し上げます。

敬具

≪複数口会費納入のお願い≫

日本弁理士政治連盟の会費につきましては、複数会員所属事務所の代表者が複数口の会費を納入することができます。代表者の先生におかれましては、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。

【参 考】日本弁理士政治連盟規約(抜粋)

(加 入)
第6条 弁理士は、入会申し込みの手続きを経ることなく、この連盟の会員となることができる。但し入会を希望しない者を除く。
(退会および除名)
第7条 この連盟を退会しようとする者は、あらかじめ文書をもってこの連盟に届けなければならない。
(会 計)
第20条 この連盟の経費は、会費、寄付金、その他の収入をもって支弁する。
2 会費は、年額20,000円とし、会員は毎年4月30日までにその金額をこの連盟に納入しなければならない。ただし会費を自動振替にて納入する場合には、年額19,000円とする。

会費納入方法

日本弁理士政治連盟の年会費のお支払は
自動振替制度がご利用頂けます
(便利で経費節約ができます)

←前のページへ戻る